次回は「3ステップ」でWebマーケターで検索してね!

【厳しいはホント】未経験からWebマーケティング転職をした私の体験談

【厳しいはホント】未経験からWebマーケティング転職をした私の体験談

※この記事は「2023年1月15日」に更新しました。

\このようなお悩みを解決します/
  • 「Webマーケティング職に未経験転職するのってどれくらい厳しいの?」
  • 「未経験からWebマーケティング転職する方法を知りたい!」
  • 「未経験からWebマーケティング転職に成功した人の体験談を聞きたい…」

皆さんがWebマーケティングに興味を持ったきっかけは何でしょうか?

「リモートワーク可」「副業で稼ぎやすい」「年収アップを狙いたい」など、理由は様々だと思います。

そんな魅力的な面が多く映るWebマーケティング業界ですが、「未経験転職は厳しい・難しいというのが事実です。

今でこそWebマーケターとして働いている私ですが、実は転職エージェントから「未経験からWebマーケティング転職は厳しい」と言われた経験もあります。

そこで本記事では、私の体験談をもとに、未経験からWebマーケティング転職は厳しいと言われる理由から、難しいとされる未経験転職を成功させる方法まで、詳しく解説をします。

KEN

この記事を読むことで、未経験からWebマーケティング転職を成功させる確率を高めることができるでしょう!

この記事を書いている私は現役のWebマーケター。Webマーケティングスクールを活用して、未経験転職を実現しました。詳しいプロフィールはこちら

目次

【悲報】Webマーケティング職への未経験転職が厳しいのはホント

少し厳しい伝え方とはなりますが、未経験からWebマーケティング職への転職が厳しいというのはホントです。

Webマーケティングの需要や将来性は非常に高く、企業が求人を出せば、多くの経験者が集まります。そのため、未経験者枠の求人・採用が少ないというのが現状です。

例えば、株式会社電通が公開した【インターネット広告媒体費総額の推移予測】からは、Webマーケティング業界の市場規模は右肩上がりであることがわかります。

ここまでの話を聞くと、「やっぱり、未経験からWebマーケティング転職は厳しいんだ…」というように、挫折を考えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。

Webマーケティングスクール「デジプロ」を運営する株式会社Hagakureの「Webマーケターの働き方に関する実態調査」から、6割以上が未経験からキャリアをスタートしていることも判明しています。

このようなデータを根拠に、結論をお伝えすると、Webマーケティング職への未経験転職は厳しいが、不可能ではありません。

実際に私も未経験から、Webマーケティング転職を成功させたうちの1人です。

「厳しい、難しい」というのは事実としてありますが、本記事では未経験転職の方法も詳しく紹介していますので、少しでもお役に立てればと思います。

KEN

まずは未経験転職に成功した私の体験談からお伝えしていきます…!

【体験談】未経験からWebマーケティング転職までの厳しい3ヶ月間

私が未経験からWebマーケティング転職を3ヶ月で成功できたのは、「Webマーケティングスクール×転職エージェント」のおかげです。

そして、転職成功までの流れを時系列順に詳しく並べると、このようになります。

未経験からWebマーケティング職への転職活動中で、「厳しい、難しい」と感じている方、これからWebマーケティング業界への転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

KEN

ちなみに当時の私は、第二新卒の23歳。ただの営業マンでした…!

【0ヶ月目】Webマーケティング転職のきっかけはブログ

実は、私のWebマーケティング転職のきっかけは、ブログ運営です。

ブログからSEOというWebマーケティングスキルを知り、段々と学んでいくうちに、SEOの魅力にハマっていきました。

会社はその月に退職。SEOマーケターを目指し、転職エージェントに登録をしました。そして、面談を行った結果、「未経験からWebマーケティング転職は厳しい、営業職で考えませんか?」と厳しいセリフを言われたのを覚えています。

今振り返れば、1度その状態で転職活動に挑戦してみてもよかったのかなとは思いますが、当時は業界に対する知見も浅かったため、Webマーケティングスクールの受講を決断しました。

KEN

ブログ経験は転職時のアピールにもなりましたよ…!

【1ヶ月目】Webマーケティングスクールを受講する

私はWithマーケという、Webマーケティングスクールに受講し、基礎から学習を始めました。

私がWithマーケを選んだ理由は、SEOを学べるうえ、他社スクールよりも料金が安いからです。

しかし、自身の目的によって入るべきスクールは絶対に異なりますので、スクール選びは慎重に行いましょう。

また、「転職するだけなのに、スクールを受講する必要はあるの?」と感じる方もいるかもしれません。

そんな方に向けて、体験談からWebマーケティングスクールの実態を紹介していますので、参考にしてみてください。

【2ヶ月目】転職エージェントのサポートを受ける

2ヶ月目は、スクールの学習と並行しつつ、転職エージェントのサポートを受けながら、本格的に転職活動を開始。

当時のWithマーケは転職サポート*がなかったため、転職エージェントの力は必要不可欠でした。(*2022年8月に転職講座追加)

実際に私が利用した転職エージェントは、こちらの3社です。

マスメディアン
→マーケティング特化の転職支援あり。Webマーケ転職するなら必須!

dodaエージェント
→約10万件の求人あり。登録しておいて損はありません!

転職エージェントは、職務履歴書の作成や面接対策など、様々なサポートを無料で受けられるため、登録しておくことに損はありません。

KEN

未経験転職成功のコツは、上手く転職エージェントを使いこなすことですよ!

【3ヶ月目】SEOマーケターとして内定獲得

3ヶ月目に、転職エージェントのマスメディアン経由で、SEOマーケターとして内定を頂きました。

私が内定を獲得できた理由は、Webマーケティング転職に対する熱量や姿勢を伝えることができたからです。

例えば、下記のような実績や経験を、企業の人事担当の方から高く評価頂きました。

  • ブログ運営の経験(約1年)
  • Webマーケティングスクールでの学習(約3ヶ月)
  • 資格取得

冒頭では、「Webマーケティング職への未経験転職は厳しい」ということをお伝えしましたが、このように諦めなければ十分可能性はあります。

そして、私の体験談からお伝えしたいのは、「Webマーケティングスクール×転職エージェント」が最強の未経験転職手法であるということです!

KEN

以上、私が未経験からWebマーケティング転職を3ヶ月で成功した方法でした!

Webマーケティング未経験の転職が厳しいと言われる3つの理由

Webマーケティング未経験者の転職が厳しいと言われる理由は、こちらの3つです。

  1. 専門性の高いスキルが必要
  2. 実績・経験を求められる
  3. 企業側による教育担当の人材不足

「未経験は厳しい、難しい」と言われている理由がわかれば、Webマーケティング転職に対する向き合い方も良い方向に変わるはずです。

まずは、「厳しい、難しい」と言われる原因を知るところから始めてみましょう。

①専門性の高いスキルが必要

Webマーケティング未経験者の転職が厳しいと言われる1つ目の理由は、専門性の高いスキルが必要であるからです。

Webマーケティングスキルと言っても様々。中でも下記4つのスキルは、未経験者が実務経験なしで身に付けるのは、不可能に近いです。

・Web広告運用
→媒体に出稿する広告の管理・改善を行いながら、コンバージョンの獲得を目指す力

・SEO対策
→GoogleやYahoo!の検索エンジンで、検索結果の上位に目的のWebサイト、Webページを表示させる力

・SNS運用
→SNSを運用して商品やサービスの認知度を拡大させる力

・アクセス解析
→データ分析から改善策の立案を行い、成果を高める力

当然ですが、企業は即戦力となる経験者を求めています。よって、採用・教育という2つのコストがかかる未経験者の採用に、慎重になってしまうのは無理もないでしょう。

また、Webマーケティング業界の変化は激しく、教育コストをかけられないベンチャー企業が多い傾向にあります。そういった理由から、Webマーケティング未経験者の転職は厳しいと言われているわけです。

②実績・経験を求められる

Webマーケティング未経験者の転職が厳しいと言われる2つ目の理由は、転職時に実績・経験を求められるからです。

前述した通り、Webマーケティングは専門性の高いスキルが求められるため、未経験転職の場合、下記のようなアピールできる「実績・経験」が必要になります。

  • ブログやSNSで〇〇円稼いだ
  • Webマーケティングスクールで実務経験を得た
  • 〇〇の資格を取得している 

知識があることも大切なのですが、未経験なので、はっきりと目に見える実績や経験がないと、企業側としては採用するメリットを感じづらいでしょう。

KEN

転職してわかったのですが、Web業界は本当に実力主義ですよ…!

③企業側による教育担当の人材不足

企業側による教育担当の人材不足も、Webマーケティング未経験者の転職が厳しいと言われる理由の1つです。

実際、株式会社シンクロの公表した「マーケティングの組織づくり、人材育成に関する調査」からは、教育担当の人材不足だけでなく、社内研修すらも困難な状況であることがわかります。

つまり、教育担当の人材が不足しているということは、企業が即戦力となる経験者を求めているということになります。

KEN

未経験者の求人枠が少ない背景には、このような理由もあるわけですね…

【失敗例】Webマーケティング未経験者にありがちな転職ミス5選

Webマーケティング未経験者にありがちな転職ミスとして、Webマーケティング全般の求人に応募してしまうというケースが多々見られます。

Webマーケティングと言っても、職種によって仕事内容は様々です。曖昧な知識で転職活動を進めてしまうと、下記のようなミスマッチが起こり、厳しい結果になりかねません。

  • 転職の軸がブレて、面接で落とされる
  • 入社後に仕事がイメージと異なり難しいと感じ、付いていけない

転職活動は、正しいWebマーケティング知識を身につけ、自分の希望する職種を定めてから行うことが大切です。

KEN

ここからは、代表的なWebマーケティング転職の失敗例を紹介していきます!

①営業職採用のリスク

1番多いのは、営業職採用のリスクがあるということです。

実際に、Webマーケティング職として求人に応募していても、実際に入社してみたら、営業職スタートというケースも珍しくありません。

また、「Webマーケティング転職が厳しい…」と挫折を感じてしまい、1度Web業界の営業職から入り、そこからまたマーケティング職への転職を考えてしまう方もいますが、それは間違いです。

なぜなら、転職は重ねるたびにハードルが上がりますし、そもそも営業職はWebマーケティング転職の際に、アピールできる実績・経験とはなりません。

営業職を希望していないのであれば、最初から職種を絞って、転職活動をすることをおすすめします。

KEN

リスク回避のため、求人情報は念入りにチェックをしましょう!

②Web広告運用マーケターとのミスマッチ

数値・データ分析、ハッキリと成果が出る仕事が苦手な人は、Web広告運用マーケターに向いていない可能性があります。

なぜなら、Web広告運用は主に、数値・データの分析から改善まで、行う仕事だからです。また、短期間でハッキリと数字で売上成果がわかるシビアな世界でもあります。

また、成果を出すためには、高速でPDCAサイクルを回すことが求められるため、日々の学習や根気強さがないと、厳しい職種であると言えるでしょう。

反対に、日々の成長に喜びを感じる人や、目に見える成果に対して楽しいというように、結果をポジティブに捉えられる方は、Web広告運用マーケターに向いていると言えます。

③SEOマーケターとのミスマッチ

学び続けることが苦手、細かい地道な作業が苦手、コミュニケーションが苦手という方は、SEOマーケターに向いていない可能性があります。

SEOといっても業務内容は様々ですが、主流となるのはコンテンツマーケティングと呼ばれるものです。具体的には、企業のオウンドメディア(ブログ)にSEO対策を行い、上位表示を狙うことで、集客や売上アップに繋げる手法になります。

Googleのアルゴリズムは日々アップデートされますので、成果を出すためには、日々学び続ける自主性が必要。また、企業担当者やライター、エンジニアなど、多種多様な人と連携を取る必要があるため、コミュニケーション能力も求められます。

成果が出るまで3ヶ月程度かかるSEOですが、逆を言えば、地道にコツコツと努力ができる人は、SEOマーケターに向いてると言えるでしょう。

KEN

SEOはRPGゲームに近い感覚や楽しさがありますよ…!

④SNSマーケターとのミスマッチ

最新の情報やトレンドを追うのが苦手、SNS自体に興味がないという方は、SNSマーケターに向いていない可能性があります。

SNSマーケティングは、Twitter・Instagram・TikTokなどを活用することで、商品やサービスの拡散を行う手法です。

SNS時代と言っても過言ではない世の中のため、徐々にSNSマーケティングの難易度は上がっています。そんな中、拡散力のある発信をするには、最新の情報やトレンドを掴む力や、あらゆるSNS媒体にアンテナを張る力が求められます。

向き・不向きが分かれやすいSNSですが、逆を言えば、日常からSNSを楽しんで、あらゆるツールを使いこなせる人にとっては、SNSマーケターに向いていると言えるでしょう。

⑤ VSEOマーケターとのミスマッチ

YouTubeのような動画コンテンツをあまり視聴しない人、様々なコンテンツに無関心な人は、VSEOマーケターに向いていない可能性があります。

VSEOとは「動画検索エンジン最適化」という意味です。YouTubeのような動画プラットフォームに投稿した動画を、上位表示させるための施策のことを指します。

現在のYouTubeは既に飽和状態。よって、バラエティ系からビジネス系まで、色んなチャンネルに興味を持つことのできる人材が求められています。

VSEOを駆使しているYouTubeチャンネルはまだまだ少ないので、逆を言えば、YouTube世代の人で動画コンテンツが好きな人にとっては、VSEOマーケターは向いていると言えるでしょう。

KEN

目指す職種を絞り込んだら、さっそく転職に向けて動き出そう!

未経験からWebマーケティング業界に転職する3つの方法

未経験からWebマーケティング業界に転職する方法は3つです。

  1. 独学で実績を作る
  2. Webマーケティングスクールに通う
  3. 転職エージェントの力を借りる

「未経験は厳しい」と言われるWebマーケティング転職ですが、決して不可能というわけではありません。

ここからは、未経験からWebマーケティング業界に転職する3つの方法を紹介します。

①独学で知識を得る

1つ目は、独学でWebマーケティングの知識を得る方法です。

独学の代表例としては、YouTubeや本などの学習方法が挙げられます。本の場合は数千円、YouTubeの場合は無料で学べるため、最初の1歩としてはピッタリの勉強方法とも言えるでしょう。

しかし、未経験転職に求められるのは、知識ではなく実績や経験です。

ですので、独学のまま終わってしまわないように要注意。必ずSNS運用やブログ運営に学んだことを反映し、転職時にアピールできる実績や経験に繋げましょう。

KEN

Webマーケティングに少し興味があるという方は、手軽に始められる独学がおすすめですよ!

②Webマーケティングスクールを受講する

最短効率で「未経験からWebマーケティング転職をしたい!」という方は、Webマーケティングスクールに通う方法を1番おすすめします。

なぜなら、短期間でスキルを身に付けられるほか、転職で有利となる実績作りや実務経験も得ることもできるからです。

また、転職活動における書類選考・面接時に、Webマーケティング業界への志望度を強くアピールすることもできます。

  • Aさん:本やYouTubeで独学してきた人
  • Bさん:お金をかけてスクールで実務経験を積んできた人

例えば、上記2名の未経験者から応募がきた場合、選ばれるのは圧倒的後者ですよね。

その他にも、Webマーケティングスクールでは、転職サポートも受けられるため、未経験転職のハードルをガクッと下げることが可能です。

KEN

独学は遠回り、スクールは近道というイメージですね…!

③転職エージェントの力を借りる

転職エージェントは、独学・Webマーケティングスクールの受講に関わらず、必ず登録しておくことをおすすめします。

なぜなら、無料でこのような転職サポートを受けられるという、メリットがあるからです。

  • 書類添削/面接練習
  • 業界の転職事情を知れる
  • 最新の未経験求人を紹介してもらえる

実際に求人を探してみるとわかりますが、未経験者枠の募集は限られています。

最新の求人をはやくキャッチするためにも、あらかじめ登録をしておくのがベストです。

KEN

こちらは、Webマーケティング業界に強い転職エージェントです!

マスメディアン
→マーケティング特化の転職支援あり。Webマーケ転職するなら必須!

dodaエージェント
→約10万件の求人あり。登録しておいて損はありません!

実際に私も転職活動時に利用していた無料のサービスなのでご安心ください。

未経験転職の心強い味方となることは間違いないでしょう。

転職サイトも活用して、可能性1%でも上げよう

転職エージェントと転職サイトは、必ずセットで利用しましょう。

転職サイトはエージェントとは異なり、自ら求人を探さなければいけないという手間はありますが、転職サイトにしかない未経験求人があるというのも事実です。

未経験転職は厳しいと言われていますが、求人が0というわけではありません。

全部無料で利用することができるため、1%でも可能性を広げることができるのであれば、活用しない手はないでしょう。

KEN

下記2つは、実際に私が登録をしていた転職サイトです!

リクナビNEXT
→転職者の約8割が利用中。トップクラスの求人数あり!

エン転職
→全求人のうち約8割が独占求人。ここでしか出会えない独占求人に出会える!

求人数が多く、利便性の高いサイトをピックアップしましたので、必ず目を通しておきましょう。

Webマーケティング未経験の転職によくある質問

Webマーケティング未経験の転職によくある、下記3つの質問にお答えします。

Webマーケティング転職にかかる期間は?

未経験からWebマーケティング転職をする場合、「独学・スクール」どちらを選ぶかによって、かかる期間は大きく異なります。

  • 独学:半年〜1年以上
  • スクール:2ヶ月〜半年以内

当然ですが、Webマーケティングスクールの方が、基礎からスキルを身に付けられるうえ、転職サポートも受けられるため、転職にかかる期間は圧倒的に短いです。

また、共通して言えることですが、転職対策をどれくらい準備するかによっても、結果は大きく異なります。

そのため、書類選考に通るための書類作り、面接に受かるための面接対策は、必ず行いましょう。

KEN

転職活動は準備が8割です…!

Webマーケティング転職に資格は必要?

転職時に資格は必要ありませんが、取得していた方が有利になることは間違いありません。

しかし、Webマーケティング転職において評価されやすいのは、資格よりも実績や経験です。

資格取得に時間・費用を使うのであれば、Webマーケティングスクールで基礎を学ぶ方が効率的とも言えます。

とはいえ、有利になることは間違いありませんので、少しでも、転職成功率を高めたい、独学のみで転職活動をするという方は、資格取得も検討してみましょう。

Webマーケティング転職は年齢によって不利になる?

結論、年齢によって不利になることはありませんが、転職難易度が高くなるというのが事実です。

実際にWebマーケティングの求人を見ると、年齢で足切りをしている企業さえ見られます。

しかし、決して転職自体が不可能というわけではありません。

このように、年代毎に転職成功率を高めるための戦略が異なるだけです。

  • 20代:ポテンシャル採用を狙う
  • 30代:Webマーケティングスクールの力を借りる
  • 40代:Webマーケティングスクール×転職エージェントのフル活用をする

年を重ねる毎に難易度が上がるWebマーケティング転職ですが、上記のように正しい方向で転職活動を行えば、成功率は格段に上げられます。

厳しい未経験転職の先にある、Webマーケターの明るい未来

ここまでお読み頂いた方へ、最後に伝えたいことがあります。

厳しい未経験転職の先には、Webマーケターとしての明るい未来が待っています。

Webマーケティングは、副業や独立にも繋がるスキル。

年収アップを望めるだけではなく、副収入として青天井の収入を目指すことが可能です。

例えば、Webマーケティングスキルを活かせる副業にはこのようなものがあります。

・Webコンサルタント
※活かせるスキル:Webマーケティング全般

・ブログ運営
※活かせるスキル:SEO

・SNSアフィリエイト
※活かせるスキル:SNSマーケティング

・YouTube運営
※活かせるスキル:VSEO

実際に私は、Webマーケティング未経験から転職を成功させた身ですが、年収・副業ともに収入アップをすることができました。

このように、未経験は厳しいと言われるWebマーケティング転職ですが、待っている未来は明るいです。

ぜひ、本記事や当サイト【「3ステップ」でWebマーケター】を参考に、転職活動を有利に進めてくださいね。

KEN

本業でスキルを身に付けつつ、副業で青天井の収入を目指すのも悪くないですよ!

Webマーケティング未経験の転職は厳しいが、挑戦する価値あり!

本記事では、私の体験談をもとに、未経験からWebマーケティング転職は厳しいと言われる理由から、難しいとされる未経験転職を成功させる方法まで、詳しく解説をしました。

Webマーケティング未経験の転職は厳しいというのは事実ですが、挑戦する価値は十分あります。

本記事で紹介した内容を実行して、Webマーケティング転職の成功確率をグンと高めましょう!

KEN

未経験転職を実現させるなら、当サイト【「3ステップ」でWebマーケター】を参考にしてみて下さいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次